ハンドメイド布小物 hana lima nab です

ぽっちゃりさん用!布マスクを立体マスクにリメイク!小顔効果に期待

アイキャッチ画像

コロナ禍では、紙マスクが売り切れ、トイレットペーパーやキッチンペーパーまで売り切れ!

「一体、何が起きたんだろう」

たまたまホームセンターにいた私は、必死に紙製品を買っている人を見てそう思いました。

「紙マスクを作るのに紙が必要で、紙製品が品薄になるらしい」

と売り場にいたお客さんから聞きました。

「え~!そうなの?」

思わず、オイルショックでトイレットペーパーを必死で並んで買っている主婦のイメージが頭に浮かびました。

うちには生地がたくさんありましたから、せっせとプリーツマスクや立体マスクを、型紙をネットで探して作り始めました。

生地にも、向き不向きがあり、目が詰まった生地で作ると息が出来なくなります。

ガーゼだけだと息はしやすいけど、菌は通す。

布マスクの是非も問われました。

そこで、ガーゼで立体マスクを作り、ノーズワイヤーも入り、不織布フィルターも入れられるマスクを作りました。

スポンサーリンク

アベノマスク使ってますか?

配布された当初、芸能人のみなさんが「私にはちょうどいいサイズでした!」とインスタやTwitterで写真を載せていましたね。

私には小さすぎて、お恥ずかしい事に顔がはみ出て隙間だらけ。

せっかく配布してくれたのに、これじゃ、意味がない。

なので、大切な税金で作られたマスクは、大切にリメイクして使います。

ノーズワイヤーを入れられる仕様

布で立体マスクを作ると、鼻のあたりに隙間が出来てしまうので、ノーズワイヤーを入れられるように工夫しました。

隙間があると、マスクの機能が落ちるので、マスクの意味がない。

鼻のカーブに沿うようにピッタリフィットさせたいので、使い捨ての「不織布マスク」のワイヤーを取り出して、それを入れています。

ワイヤーも100均で売っていますが、買うのはもったいないから、使い終わった不織布マスクから外して使っています。

意外と作ったノーズワイヤースペースにちょうどいいサイズなので有難い。

ピッタリフィットするのに、ガーゼだから苦しくないのが嬉しい!

安心をプラスしたいからフィルターポケット付き

なんとなく、ガーゼだけだと心配だから、人混みの多い場所に行くときは「不織布マスク」を使います。

自転車に乗る時や混んでいない場所で使うのには快適なので、安心をプラスするために「フィルター」ポケットも付けました。

私はもっぱら「お茶パック」をカットして使っています。

これも不織布だから「同じかな~?」と思って。

汗をかく夏場にピッタリの「夏用ガーゼマスク」です。

私のように「ぽっちゃりさん」にもおススメ

試作を何回したことやら・・・

プリーツマスクも、立体マスクも、試行錯誤で色々作りました。

使う生地によっては、通気性がなく窒息しそうになったこともあります。

やっぱり素材の中で一番良かったのは「ガーゼ」でした。

作る度に試着して、「う~ん。鼻があたるなぁ」とか、「余計顔がでかく見える~!」とか、少しずつ調整してこの型紙に落ち着きました。

「二重あご」と「顔のデカさ」を隠したいので、大きめにして「あご」の部分は少しシャープに見えるように角度を付けて、なるべく「小顔」に見せたい。

作っては鏡で確認したり、自撮りしたりして確認しては調整しました。

顔痩せを頑張るより、隠す方が手っ取り早いから・・・

鼻の高さを調整したほうがいいので、ご自分用に調整するといいと思います。

「ぽっちゃりさん用」マスクの型紙PDFはこちらから↓

(PDFだと容量が大きいので、画像にしました)

マスク型紙

立体マスクの型紙(ぽっちゃりさん用)

作り方は、こちらの動画をご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました